12月のこころ

作品

Manuel Macedo(ポルトガル)さんの陶器人形 Diabo(悪魔/サタン)

作品詳細

昨秋バルセロスのマニュエルマセドさんの陶房を訪問した時に、一番印象に残った作品Diaboです。バルセロスの作家さん達の作る悪魔は日本の赤鬼ソックリです。この作品は親鬼のポケットから子鬼が顔を出した可愛い作品です。この地におけるDiaboは日本のなまはげのような存在なのでしょうか?他の作家さんの作品も含めて、とても悪役には思えません。マニュエルさんの他の作品は目がぎょろっとした独特の作風ですが、この悪魔やガロは、むしろ可愛さが際立ちます。皆さまはいかがですか?※残念ながら輸送途中で角が折れてしまい補修しました。この作品はWEBSHOPオラリアで訳あり品で販売中です。http://olaria.shop-pro.jp/

この作品の作家情報はこちら

※メールアドレスが公開されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です