12月のこころ

作品

Minhota(ミーニョ地方の女性) Julia Ramalho(ポルトガル)

new
作品詳細

幸運の雄鶏伝説の地ポルトガル北部の町バルセロス。今ではこの地を代表するアート工芸に育ったFigurado。その歴史の中に大きく貢献したJulia Rosa。巨匠とでも言うべきJulia Ramalhoさんの祖母になります。怪異な姿を持つ宗教的な作品が目立つジュリアさんですが、ガロやハリネズミ、ミーニョの暮らしぶりを描いた作品もたくさん作っています。単色の作品は、見る人に作品の情景を思い起こさせ、様々な色を想像させてくれます。ミーニョの女性作品は、民族衣装を纏い、右手に鶏を左手にパンを持ち、頭には野菜か焚き木を乗せて運んでいます。あなたにはどんな色彩が見えますか?

※画像を更新

この作品の作家情報はこちら

※メールアドレスが公開されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です