12月のこころ

作品

Julia Ramalho(ポルトガル)作品 7つの大罪AVAREZA

作品詳細

幸運の雄鶏伝説で有名なバルセロスではFiguradoと呼ばれる陶人形作りが盛んです。百年以上の歴史があり子供に与えるおもちゃとして作られたのが始まりらしい。この地で最も有名な作家の一人Julia Ramalhoさんの作品は、特異な造形作品を飴色の単色で表現している。国民の多くが敬謙なカソリック教徒のポルトガルでは、日本ではあまり馴染みのない宗教的な作品が多い。7つの大罪の作品もその一つ。Juliaさんの陶房には7体の像が飾られていた。ひょっとしたら周囲にこんな人もいるかもしれない、と思わせる少しの親しみを残したユニークな作品です。銀座にあるキリスト教書店教文館様エインカレムで展示いただいてます。

この作品の作家情報はこちら

※メールアドレスが公開されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です