12月のこころ

作品

Julia Cota(ポルトガル)作品 Diabo

作品詳細

幸運の雄鶏伝説で有名なバルセロスではFiguradoと呼ばれる陶人形作りが盛んです。百年以上の歴史があり子供に与えるおもちゃとして作られたのが始まりらしい。Julia Cotaさんはこの地で最も有名な作家の一人。ツンと上向く高い鼻、まん丸の瞳、赤や緑のカラフルな衣装、どれもがJulia作品の特徴です。何より放出されるエネルギーが強い。パワフルで見る人を元気にさせてくれる。ミーニョ地方の人々を描いた作品が多いが、日本の赤鬼にソックリなDiaboも人気作品の一つ。赤い色と大きな角が特徴で、子供を抱く作品は愛情タップリで可愛い。この作品は大きなピアスまでしていて微笑ましくなる。Diaboは直訳するとデーモン(悪魔)だが、聞けばポルトガルでは広義の魔除けのような存在らしい。家を守る、家族を守る、そんな想いが伝わってきます。

オラリアwebshopでは、そんなDiaboを集合させてます⇒ポルトガルのラッキーアイテムDiaboはコチラ

この作品の作家情報はこちら

※メールアドレスが公開されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です