12月のこころ

作品

7つの大罪【SOBERBA 高慢】Julia Ramalho(ポルトガル)

作品詳細

幸運の雄鶏ガロの置物で有名なポルトガル北部バルセロスでは、FIGURADOと呼ばれる陶人形作りが盛んです。陶人形のテーマはガロやフクロウや楽隊など伝統的なものから、プレゼピオや守護聖人など宗教的なものも多い。この地を代表する陶芸家Julia Ramalhoさんは、特異な造形作品を飴色一色で表現します。宗教的な作品も多く作っていて、聖書の7つの大罪シリーズもその一つです。かなりおどろおどろしい姿ですが、どこかクスッとさせるような茶目っ気を感じさせてくれます。

「7つの大罪」のうちの数点は、銀座4丁目教文館エインカレムで展示中。

その他の作品はオラリアで☞こちらをクリックしてご覧ください

この作品の作家情報はこちら

※メールアドレスが公開されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です