12月のこころ

作品

魚を運ぶ女性 ジュリアコタ(ポルトガル)陶人形

作品詳細

幸運の雄鶏伝説で有名なバルセロスでは100年ほど前から陶人形Figuradoが作られています。もともとは子供の遊び道具だったものが、今では芸術性が融合したアート作品です。40人近い作家さんが個性的な作品を作っていますが、ジュリアコタさんは、その中でも最も知られる作家の一人です。

鼻が上向く特徴ある容姿と、赤やオレンジ、黄色や緑などカラフルな色彩で表現するのが特徴です。今でもポルトガルに残る習慣、頭に物を乗せて運ぶ姿、を作品にしたものです。魚はおそらくイワシでしょう。6月は聖アントニオ祭、別名イワシ祭りの季節です。日本と同様に塩焼きするのが代表的な食べ方です。

ジュリアコタさんの作品はオラリアwebshopでご案内中>>ジュリアコタ作品はコチラ

この作品の作家情報はこちら

※メールアドレスが公開されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です