12月のこころ

作品

美しい装飾のイワシのオブジェ Mina Gallos(ポルトガル)

new
作品詳細

ポルトガルの陶人形に魅せられて毎年のように訪ねるバルセロス。幸運の雄鶏伝説で有名な北部ミーニョ地方の陶器の町です。ここではFiguradoと呼ばれる陶人形作りが盛んで、多くの陶芸作家さん達が作品作りをしています。陶房がバルセロスの郊外の数か所の広い地域に分散しているため、全ての作家さんに会うことが難しいため、毎年少しずつお会いする作家さんを増やしています。2019年は4名の新たな作家さん陶房を訪問。その一人がMina Gallosさんの陶房です。大きく華やかな女性像が並ぶ陶房の展示室は素晴らしいものでした。日本のお客様に作品を紹介したかったのですが、大きく輸送が難しいため、その雰囲気が少しでもわかるようにと、作家さんに勧められたイワシのオブジェを数点持ち帰ることにしました。大きさは20cm弱あるので飾り映えするサイズです。

この作品の作家情報はこちら

※メールアドレスが公開されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です