12月のこころ

作品

小さくて可愛らしいプレゼピオ ポルトガル陶人形

作品詳細

幸運の雄鶏伝説で有名なバルセロスではFiguradoと呼ばれる陶人形作りが盛ん。晩秋になりクリスマスシーズンが近まると、著名な陶人形作家達は、それぞれ個性的なプレゼピオを作ります。ポルトガルの幸せの象徴でもあるハートの刺繍模様をトレードマークのように使うのがジョアンさんの特徴ですが、この作品はデフォルメされて土人形の面影が残る素朴であったかいプレゼピオです。

ジョアンフェレイラさんのプレゼピオは、キリスト教書店教文館エインカレムや各地ギャラリーで展示・販売いただいております。またオラリアサイトでは秋になると<ポルトガルのクリスマス>を特集してご案内しております⇒こちらをクリック

この作品の作家情報はこちら

※メールアドレスが公開されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です