12月のこころ

作品

子育てする母デーモン ミステリオ兄弟(ポルトガル)

作品詳細

幸運の雄鶏伝説の地バルセロスでは、幸運の雄鶏ガロをはじめFIGURADOと呼ばれる陶人形作りが盛んです。プレゼピオや守護聖人など宗教的な作品やミーニョ地方の暮らしぶりを描いた作品が多いのも特徴。その中でもDiaboは異色。宗教的でもあり縁起物のような一面もあり、著名な陶人形作家達がそれぞれ個性的な作品を作ります。ミステリオ兄弟の作品は容姿がかなりリアルですが、赤ちゃんDiaboにおっぱいをあげたり、抱っこしたりする母Diabaを描いた作品も多いです。日本のシーサーのような位置づけのDiaboはバルセロスでは人気のキャラクターです。

Diabo作品はオラリアサイト⇒こちらをクリックしてご覧ください か、全国のイベント、ギャラリー展示でご案内しています。

この作品の作家情報はこちら

※メールアドレスが公開されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です