12月のこころ

作品

夕日に染まる燕の壁掛け B Oliveira(ポルトガル)

作品詳細

幸運の雄鶏伝説で有名なバルセロス。美しい色彩と特異な姿、豊かな表情が人気で、この地を代表するアート工芸となった陶人形(Figurado)。私は有名作家のConceicao Sapateiroさんの陶房を毎年のように訪問していますが、そこにはコンセィサォンさん本人の素晴らしい作品の他に、息子カルロスさんの豪快な作品や、娘のOliveiraさんの女性的な作品も展示されています。美しい色で絵付けされた燕(Andorinha)の壁掛けが目にとまり、幾つかを日本に持ち帰りました。夕日に染まった燕もその一つです。

燕の壁掛けはオラリアでご覧ください☞こちらをクリックしてご覧ください

この作品の作家情報はこちら

※メールアドレスが公開されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です