12月のこころ

作品

ラッパ吹く楽団員 Joao Ferreira(ポルトガル)

作品詳細

バルセロスのFiguradoはこの地を代表するアート工芸で、作品の色彩や豊かな表情が、多くの人を惹きつけ楽しませてくれる。Joao Ferreiraさんはシャイで職人気質の陶人形作家さん。彼の作る作品は明るい色彩で賑やかだ。楽隊作品はJoaoさんが特にこだわり持つ伝統的なテーマ。見たことのないような沢山の楽器が登場する。お腹にチカラ入ってる感じや、ちょっと背を反らす動作など、演奏する姿は妙に生々しくリアルです。まるでここまで音色が聞こえてきそうです。

Joao Ferreira作品はオラリアで ⇒ こちらをクリックしてご覧ください

この作品の作家情報はこちら

※メールアドレスが公開されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です