12月のこころ

作品

ミーニョ地方の生活風景 Julia Cota(ポルトガル)

作品詳細

幸運の雄鶏伝説で有名なバルセロスでは、Figuradoと呼ばれるポルトガル陶人形作りが盛んです。幸運のガロの置物をはじめ、守護聖人像やプレゼピオなど宗教色の強い作品や、ミーニョ地方の人々や生活風景作品や楽隊などの伝統的作品など多種多彩。Julia Cotaさんはこの地で最も有名な作家で、ツンと上向く高い鼻と円らな瞳、豊かで明るい色彩が特徴です。力強い作品からはエネルギーが迸り、見ている私達も元気になってきます。犬を抱く子供は小作品ですがジュリアさんの特徴の良くでた作品です。

Julia Cota作品は☞コチラをクリック オラリアでご覧ください

この作品の作家情報はこちら

※メールアドレスが公開されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です