12月のこころ

作品

ポルトガル陶人形 Diabo Antonio Ramalho作品

new
作品詳細

Antonio Ramalhoさんは、バルセロスの陶人形作家の中で最も有名な作家Julia Ramaloさんの息子。特異な造形を飴色単色で表現する母親の作風を継承し、それに緑色を加えて、遊び心ある表現がアントニオさんの作風。作品はポルトガルギターを弾くDiabo。

幸運の雄鶏伝説で有名なバルセロスでは、ガロをはじめ宗教的な作品やミーニョ地方の市井を描く陶人形(Figurado)作りが盛ん。日本の赤鬼に似たDiabo(直訳すればデーモン/悪魔)は、縁起物としての意味合いが強い作品。子育てする者や楽器を弾く者など、作家それぞれに個性的な作品を作っています。

オラリアではDiabo作品を集めてご案内⇒こちらをクリックしてご覧ください

この作品の作家情報はこちら

※メールアドレスが公開されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です