12月のこころ

作品

ポルトガル陶人形 聖ペドロ ミステリオ兄弟作品

作品詳細

幸運の雄鶏伝説で有名なポルトガル北部のバルセロス。この地ではFiguradoと呼ばれる陶人形作りが百年以上前から盛んです。伝説となった幸運の雄鶏の置物ガロが最も有名ですが、そのほかにも宗教的な作品が沢山あります。プレゼピオやDiaboや守護聖人。特に守護聖人は、聖アントニオ、聖ペドロ、聖フランシスコ、聖ジョアンの各作品が作られています。小さいガロやハリネズミ作品などカラフルで可愛い作品が特徴のミステリオ兄弟ですが、宗教的な作品は描写が細かく大人しい色彩なので、厳かな雰囲気が漂います。陶房には様々な聖人が並んでいましたが、その中から、天の国の鍵を持つ聖ペドロを紹介します。

この作品の作家情報はこちら

※メールアドレスが公開されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です