12月のこころ

作品

ポルトガル陶人形 聖アポロニア Irene Salgueiro作品

new
作品詳細

切れ長の目にふっくらした頬が美しいIrene Salgueiroさんの陶人形。歯痛に悩む人の神様とも言われる聖アポロニアです。右手に持つのはやっとこ(ペンチのような道具)。これで痛い歯を抜いてしまうのだそうです。2018年秋の新潟越前浜のポルトガル陶人形展で人気の高かったIrene作品。展示会後半に作品を納品した直後にファンの方の元へ。なかなか自分のところには長くいてもらえません。

幸運の雄鶏伝説で有名なバルセロスでは、幸運の雄鶏ガロの他にも守護聖人やミーニョ地方の人と生活風景を描く陶人形作りが盛んです。Irene Salgueiroさんは人気の陶人形作家さんで、ミーニョ地方の女性作品は彼女の代表作です。

Irene Salgueiro作品はオラリアでご案内しています⇒目元が美しいイレーネサゥゲイロ作品はコチラ

この作品の作家情報はこちら

※メールアドレスが公開されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です