12月のこころ

作品

ポルトガル陶人形 タイヤ転がす人(ミーニョの情景)Joao Ferreira

作品詳細

ポルトガルのバルセロスの陶人形作家ジョアン フェレイラ(Joao Ferreira)さんの作品との出会いは8年前に遡る。初めてポルトガルを旅してバルセロスに辿り着き、町の中心にある工芸センターで、カラフルで賑やかな楽隊作品とガロに出会った。以来ずっと彼の作品のファンだ。幸運の雄鶏伝説で有名なバルセロスは、雄鶏ガロを象徴とする陶人形Figuradoづくりが盛んだが、著名な作家達の作るそれは、自由で個性的で情緒的だ。作品のテーマは守護聖人やDiabo、ミーニョの女性など多岐にわたるが、北部ミーニョ地方の生活風景を作品にしたものも多い。タイヤを転がす人もその一つで、実に動きがリアルで感激してしまう。ただ日本に輸送するにはあまりに繊細すぎて手を焼いてしまう。

オラリアではミーニョ地方の人々や生活風景を描いた作品を特集しています⇒こちらをクリックしてご覧ください

この作品の作家情報はこちら

※メールアドレスが公開されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です