12月のこころ

作品

ポルトガル 幸運の雄鶏ガロ Julia Cota作品

作品詳細

その昔、丸焼きの雄鶏が生き返って鳴き、冤罪の巡礼者の無実を証明した、とされるバルセロス。その伝説にちなんで、陶器作りの盛んなこの土地では、幸運の雄鶏の置物を作りポルトガル全土に知らしめたことで、ガロや陶人形がこの地を代表するアート工芸に成長しました。Julia Cotaさんのガロは力強くて華やか。ガロを最初に作ったとされる家柄らしい風格がみなぎっています。

ポルトガル陶人形に魅かれ毎年のように作家さんの陶房を訪問し、日本の皆様に紹介するオラリアサイトでご案内しています⇒こちらをクリック

この作品の作家情報はこちら

※メールアドレスが公開されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です