12月のこころ

作品

チェロ弾くDiabo ポルトガル陶人形Irmaos Misterio作

new
作品詳細

細かくリアルな造形作品を作るミステリオ兄弟の作品、チェロ弾くDiabo。

幸運の雄鶏伝説で有名なバルセロスではFigurado(陶人形)作りが盛んです。幸運のガロをはじめとして、ミーニョ地方の人と生活風景を描く作品、伝統的な楽隊作品、そしてプレゼピオや守護聖人像など宗教的な作品も多いです。Diaboも宗教的な作品の一つですが、家内安全を願う縁起物としての意味合いを強く感じます。子育てする者や楽器を楽しく奏でる者など、ホッコリさせられる作品が多いです。ちょうど日本のシーサーのような位置みたい。家に飾ってお守りにしたいです。

オラリアでは様々なDiabo作品をご案内⇒コチラをクリックしてご覧ください

この作品の作家情報はこちら

※メールアドレスが公開されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です