12月のこころ

作品

スコップと鍬持つ女性 Joao Ferreira(ポルトガル)

作品詳細

ポルトガル北部、雄鶏伝説の地バルセロスの人気陶人形作家Joao Ferreiraさんの作品。彼の作品の中でも最も印象に残る大好きな作品です。大地にドカッと刺したスコップと肩に担いだ鍬、夕日に照らされながら山腹から遠くの町を見下ろす女性の姿のたくましいこと。ポルトガル女性の気骨を感じさせてくれる作品です。

情感溢れる作品の豊かな表情がジョアンさんの特徴です。ミーニョ地方の暮らしのワンシーンを切り取ったかのような作品の数々にいつもウットリしてしまいます。作品はオラリアサイトでご覧ください⇒Joao Ferreira作品はこちらをクリックしてご覧ください

この作品の作家情報はこちら

※メールアドレスが公開されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です