12月のこころ

作品

アコーディオン弾くDiabo Irene Salgueiro(ポルトガル)

new
作品詳細

幸運の雄鶏伝説の地バルセロスでは、幸運の雄鶏ガロをはじめFIGURADOと呼ばれる陶人形作りが盛んです。プレゼピオや守護聖人など宗教的な作品やミーニョ地方の暮らしぶりを描いた作品が多いのが特徴。その中でもDiaboは異色です。宗教的でもあり縁起物のような一面もあり、著名な陶人形作家達がそれぞれ個性的な作品を作ります。切れ長の目が特徴のイレーネ サウゲイロさんのDiabo。アコーディオンはこの地を代表する楽器ですが、弾いてる姿はどことなく東洋的です。赤い顔をしていないのも特徴ですね。日本のシーサーのような位置づけのDiaboはバルセロスでは人気のキャラクターです。

Diabo作品はオラリアサイトでご覧ください⇒こちらをクリックしてご覧ください

この作品の作家情報はこちら

※メールアドレスが公開されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です