12月のこころ

作品

かわいいDiabo槍を持つ Prazeres Cota(ポルトガル)

作品詳細

最初にポルトガルで真っ赤なDiaboを見た時、日本の赤鬼と同じものかとびっくりしました。バルセロスで有名な作家Julia Cotaさんの作品でした。その後Diabo(デーモン)であることがわかりましたが、ビジュアル的にはやっぱり赤鬼に似ています。日本では、悪魔は黒いマントを着ているイメージがあるので、全身が真っ赤というのが不思議です。前述のJulia Cotaさんの娘Prazeres CotaさんのDiaboは、お母様の作品に比べると可愛らしさが顔をだします。槍を持つ作品も何となくコロボックルに似ているような気がしてきます。

ポルトガル陶人形Figuradoはオラリアでご覧ください⇒ こちらをクリックしてご覧ください

この作品の作家情報はこちら

※メールアドレスが公開されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です