12月のこころ

作家紹介

António Ramalho(ポルトガル)

António RamalhoさんはJúlia Ramalhoさんの息子さんです。ポルトガル北部ミーニョ地方BarcelosのFigurado作家さんです。 Júlia Ramalhoの作風と非常に似ていますが、飴釉だけを使うJúliaさんと違い緑釉を使うことで作品に新たな息吹が感じられます。2016年11月に工房を訪問して説明いただき、よくわかりました。エネルギッシュな作家さんで私はファンです。

作品紹介

  • Antonio Ramalho(ポルトガル)作品