12月のこころ

作品

幸運の雄鶏ガロ Joao Ferreira作品(ポルトガル陶人形) 

作品詳細

幸運の雄鶏伝説で有名なバルセロスはポルトガル陶器の町。この地では幸運の雄鶏ガロをはじめとする陶人形作りが盛んです。この地を有名にしたガロの奇跡は今では幸せを呼ぶお守りのような存在となりました。ポルトガル陶人形は百年以上の歴史ある工芸ですが、今では素朴さと芸術性が融合したアート作品として人気です。幸運のガロや知恵招くフクロウ、縁結び&失せ物探しの聖アントニオ、魔除けのデーモンなどのラッキーアイテムの他に、ポルトガルの田園と言われるミーニョ地方の人と生活風景を作品にしています。Joao Ferreiraさんはこの地を代表する人気作家さん。シャイで職人気質の優しい人柄からは、情緒あふれる作品や楽しく賑やかな作品が作られます。

【2018.4.17更新】4/28~5/20新潟の越前浜にある古民家ギャラリー「ガラスのメルヘン美術館」でポルトガル陶人形の展示会~ポルトガルから届いた春風~が開催されます。詳しくはコチラ⇒ ガラスのメルヘン美術館HP 近くには四百年の歴史をもつ鳥之子神社や有名なカーブドッチワイナリーがあります。

展示会期間中、出品する作品はオラリアwebshopでの掲載を休止するかSOLDOUT表示となりますのでご了解ください。ポルトガル陶人形の店オラリアwebshopはコチラ

この作品の作家情報はこちら

※メールアドレスが公開されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です