12月のこころ

作品

ポルトガル陶器 畑を散歩する気のいい男性 フェルナンドモルガード作品

作品詳細

土人形の素朴さを彷彿させるフェルナンドモルガードさんの作品。ポルトガルの暖かな田園風景が目に浮かびます。男性は田舎道を散歩に行くのでしょうか?ゆったり流れるポルトガル時間を感じてしまうと、常に目標だ!時間だ!生産性だ!と言っていた少し前までの自分がなんともはや・・・。幸運の雄鶏伝説で有名なバルセロスはポルトガル陶器の町。この町で作られる陶人形は百年以上の歴史があるそうですが、作家さんそれぞれが個性的な作品を作っているので新鮮で斬新!フェルナンドさんはその中でも高齢の作家さんですが、その作風は悠々としていて私は好きです。

フェルナンドモルガード作品はオラリアwebshopの作家欄または企画展示2017秋のポルトガル作品からお探しください>>オラリアwebshopトップはコチラ

この作品の作家情報はこちら

※メールアドレスが公開されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です