12月のこころ

作品

ポルトガル陶器 テラコッタのフクロウの置物 Pias作品

作品詳細

森の賢者と言われ知恵の象徴とされるフクロウ。幸運の雄鶏ガロで有名なポルトガル陶器の町バルセロスでは、陶人形作家さん達がそれぞれのフクロウ作品を作っています。2017年秋にテラコッタアーティストのラゥリンダピアスさんの陶房を訪問した時、季節がら沢山並ぶプレゼピオ作品の中に見つけたフクロウ。テラコッタ作家らしい装飾を省いたシンプルな作品で、まっすぐ伸びた背中が知的なフクロウの置物です。日本では福招くフクロウとして飾りますが、知恵を授けてくれるお守りとしてもご利益ありそうです。

オラリアではフクロウの置物の特集展示中>>福招くフクロウの置物特集はコチラ

この作品の作家情報はこちら

※メールアドレスが公開されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です